ワキタが小反落、復興需要で1Q大幅増益も利益確定売り

大証1部上場のワキタ<8125>が小反落。6日引け後に発表された2013年2月期の第1四半期決算は連結営業利益で前年同期比45.7%増の15億9900万円と大幅増益を達成、これを好感して朝寄りでは先週末比7円高の627円まで買われたが、買い一巡後は利益確定売りに押されている。主力事業である建機事業は、被災地における復旧・復興工事や首都圏を中心とする大都市での防災・耐震のための地盤改良工事等により好調に推移、第1四半期の進捗状況から通期予想の48億円(前期比9.6%増)は増額期待が高まりそうだ。

ワキタの株価は10時23分現在610円(▼10円)。