ケーヒン一段安、クレディ・スイスが投資評価引き下げ

ケーヒン<7251>が後場一段安。一時、前週末比54円安の1133円まで売り込まれ、終値は同50円安の1137円となった。
クレディ・スイス証券が6日付リポートで投資評価を「アウトパフォーム(強気)」から「ニュートラル(中立)」に、目標株価も1650円から1350円に、それぞれ引き下げたことが嫌気されている。 リポートでは「米州でのホンダ四輪の増産対応や、新機種立ち上げに伴う追加コストの発生、国内での軽自動車増による製品ミックス(構成)悪化などにより、四輪事業での限界利益の取り込みが予想を下回ると判断している。

ケーヒンの株価は15時00分現在1137円(▼50円)。