ALSOK続伸、再び年初来高値を睨む展開

ALSOK<2331>が続伸。高値圏でしっかりとした動きを見せている。一時、前日比17円高い1122円まで買われており、7月6日に付けた年初来高値1130円を睨む展開。同社は、3年前から実施した機械警備の営業員増強が奏功し、新規契約が増加している。さらに、10年に大和ハウス工業<1925>と提携した賃貸住宅向けホームセキュリティが好調。その後も業務提携先の拡大もあり、11年から個人向け機械警備契約件数が伸びている。同社は既に契約先に異常があった場合に警備員が駆けつける待機所の先行投資を済ませており、新規契約増による固定費負担増がない。したがって、機械警備の新規契約増は、営業利益率改善に大きく寄与するとみられる。

10日の株価は9時31分現在1122円(△17円)。