大崎電が大幅安、CB発行で潜在的な株式価値希薄化を懸念

大崎電気<6644>が大幅安。一時、前日比46円安の621円まで売り込まれている。
同社は10日に、最大80億円のユーロ円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)の発行を発表しており、これに伴う潜在的な株式価値の希薄化を警戒した売りが先行している。
調達資金は、シンガポールの電力計メーカーの買収費用で膨らんだ短期借入金の返済に充てる。

大崎電の株価は10時29分現在623円(▼44円)。