東天紅が後場急落、パンダの赤ちゃん死亡で

東天紅<8181>が後場急落。一時、前日比14円安の176円まで売り込まれている。11日午後に、上野動物園が、ジャイアントパンダ「シンシン」の赤ちゃんが同日午前8時半に死亡したと発表したことが嫌気されている。
シンシンが5日にオスの赤ちゃんを出産。その動向がテレビでトップニュースとして再三報じられたことから、中華レストラン大手で上野公園と近接した台東区池之端に本社を置き、店舗も構えている東天紅が“上野周辺関連銘柄”の一角として思惑買いされ、株価が上昇していた。

東天紅の株価は14時03分現在157円(▼13円)。