ソフトバンク3000円台回復、約11カ月半ぶり

ソフトバンク<9984>が5日続伸。一時、前日比55円高の3030円まで買い進まれ、2011年8月1日以来約11カ月半ぶりに3000円を回復している。
世界景気に対する不安や、円高で輸出関連株を手掛けにくいなか、投資資金が内需系の好業績銘柄にシフトしているという。
ソフトバンクは携帯電話契約件数の純増数がNTTドコモ<9437>やKDDI<9433>を上回っており、情報・通信関連株のなかでも優位性がある。

ソフトバンクの株価は13時01分現在3010円(△35円)。