大平金は5日続落、ドイツ証が目標株価を350円に引き下げ

大平洋金属<5541>は5日続落。一時、前日比8円安の298円まで売られている。ドイツ証券が11日付リポートで、投資判断は「Hold(中立)」を継続したものの、目標株価を従来の450円から350円に引き下げたことが嫌気されている。
リポートでは、足元のニッケル市況の弱さを反映させたことに加え、鉱石品位低下に伴生産数量減少の影響を織り込んだ。中長期的なニッケル需給の緩慢さと構造的な生産数量の減少により将来的な収益見通しは芳しくないが、株価調整の進展やニッケル市況の底打ち感などを考慮したという。

大平金の株価は13時58分現在299円(▼7円)。