電通が大幅続落、英広告大手の買収発表も売りで反応

電通<4324>が売り気配で始まり大幅に続落。12日に英広告大手のイージスグループを買収すると発表。買収額は約4000億円になる見通しで、買収資金負担の大きさから警戒売りが先行しているようだ。買収によりイージスが持つ世界80カ国の営業拠点を取り込み、現在、14%の海外売上高比率を約40%に高めることができることから、電通の海外展開の加速につながるとみられる。ただ、買収資金が大きく財務体質の脆弱化につながるとの警戒感がより強いようだ。

電通の株価は9時11分現在2146円(▼160円)。