東製鉄が大幅続落、12年4〜6月期の最終赤字60億円を嫌気

東京製鉄<5423>が大幅に4日続落。13日に12年4〜6月期の最終損益が60億円(前年同期期は2億5700万円の黒字)になりそうだと発表したことを嫌気した売りが先行している。国内外で鋼材の販売価格や数量がともに想定を下回って推移したことや円高が要因だ。中国の過剰生産が続く中で、世界的な景気減速傾向から需要は伸び悩んでいることに加え、国内でも復興需要が盛り上がりに欠けており、収益環境は悪化しているようだ。期初の12年4〜9月の最終損益見通しは10億円の赤字だが、下方修正される可能性が高まっている。

東製鉄の株価は9時18分現在377円(▼41円)。