KLab大幅安、第3四半期累計決算が当初予想を下回る

KLab<3656>がウリ気配でスタートして大幅安、一時、前週末比68円安の495円まで売り込まれている。
同社は、前週末13日引け後、12年8月期第3四半期累計(11年9月〜12年5月)決算を発表。売上高116億2500万円(前年同期比3.4倍)、営業利益27億3100万円(同7.5倍)、純利益15億9400万円(同8.1倍)となった。同期間の会社予想に対し売上高で1.0%、営業利益で9.1%、純利益で9.2%それぞれ下回る結果となり、これが嫌気されている。販管費での給与手当てや、テレビCM開始による広告宣伝費の増加が響いた。
同社はこれまで、業績予想が困難として通期業績予想を開示していなかったが、第3四半期が終了したことから通期予想を開示した。売上高152億6700万円(前期比2.7倍)、営業利益28億6800万円(同3.0倍)、純利益16億7500万円(同3.1倍)としている。コンプガチャ、未成年利用の規制問題に伴う影響も織り込んでいる。

KLabの株価は9時29分現在506円(▼57円)。