レオパレス21は続伸で切り返しの動き

レオパレス21<8848>が続伸。一時、前週末比15円高の264円まで買われている。7月3日に直近高値288円をつけたあと軟調な展開を続けていたが、ここにきて切り返しの動き。同社の6月度の賃貸・戸数ベース入居率は6月末で82.7%(前年比1.8%増)と3カ月連続で前年比改善。4〜6月の期中平均入居率は82.8%(同1.3%増)と、会社計画の通期中平均入居率83%(同1.8%増)に対しては概ね計画通りに推移している模様。また会社側によれば、6月までで支払家賃の適正化交渉は、通期目標の過半を達成済みであり、計画を上振れて進捗している。

17日の株価は12時33分現在264円(△15円)。