富士フイルムHDは反発、医療用画像を院外保存できるサービスを開始

富士フイルムホールディングス<4901>が反発。CT(コンピュータ断層撮影装置)で撮影した医療用画像などをネットワーク経由で院外保存できる病院向けサービスを開始することが報じられた。画像データは同社のデータセンターにも保存することから災害時の医療現場のデータ対策としても注目を集めそうだ。

富士フイルムホールディングスの株価は14時15分現在1355円(△10円)。