横河電が反発、第1四半期は会社計画上回り営業利益6倍との観測報道で

横河電機<6841>が反発。この日の日本経済新聞で、第1四半期(4〜6月)の連結営業利益が前年同期比6倍の30億円前後になったようだと報じられたことを材料視。新興国を中心にエネルギープラントの制御需要が伸びたほか、重荷だった半導体検査装置などから撤退したことで、採算が改善したことも寄与したと。また、期初計画を上回っていることから、今3月期業績も従来予想から上振れする可能性が高いとも伝えている。

横河電の株価は9時50分現在800円(△22円)。