特殊陶業が反落、クレディスイスが投資判断引き下げ

日本特殊陶業<5334>が軟調。ここ下げ基調が続いており、前日は小反発したものの本日改めて売り直された。クレディスイス証券が18日付で同社の投資判断を3段階中で真ん中の「ニュートラル」から最下位の「アンダーパフォーム」に引き下げ、目標株価も従前の1100円から800円に変更したことが嫌気されている。今3月期の営業利益について、円高の影響やセンサーの売り上げが下振れしていることから、会社側計画を大きく下回るとの予想を示している。

特殊陶業の株価は12時33分現在941円(△8円)。