みずほが下げ渋る、CDO組成問題でSECと和解

みずほフィナンシャルグループ<8411>が下げ渋る動き。同社の米投資銀行部門が16億ドル相当の債務担保証券(CDO)の組成に際し、間違った情報で投資家の判断を誤らせた疑いが持たれていた問題で、1億2750万ドルを支払うことで米証券取引委員会(SEC)と和解したことが報じられた。SECでは、みずほ証券の米国部門がCDOと呼ばれる複雑な商品の組成に際し、「ダミー資産」を用いて実際よりも高い格付けを得たとしていたが、今回の和解では同社は肯定も否定もしていないが、訴訟の長期化によるリスク回避を優先したと思われる。
みずほの株価は13時05分現在129円(△1円)。