JXが軟調、大和証が投資判断「1」から「2」引き下げ

JXホールディングス<5020>が軟調展開。一時、前日比5円安の376円まで売られている。大和証券が19日付のリポートで、投資判断を従来の「1(買い)」から「2(アウトパフォーム)」へ、目標株価は600円から500円へとそれぞれ引き下げたことが嫌気されている。リポートでは「会社側は水島製油所の操業において法令遵守に問題があったと公表。同製油所の一部稼動停止を踏まえ、13年3月期の連結経常利益2300億円を1900億円に下方修正する」としている。

JXの株価は9時37分現在380円(▼1円)。