アンジェスMGが続伸、「コラテジェン」の原発性リンパ浮腫を対象とした治験入りへ

東証マザーズ上場のアンジェス MG<4563>が大幅続伸。前日に「コラテジェン(HGF遺伝子治療薬)」の日本における原発性リンパ浮腫を対象とした治験について、厚生労働省より「遺伝子治療用医薬品の品質及び安全性の確保に関する指針」への適合確認通知を受領したと発表したことを好感。「コラテジェン」は、末梢性血管疾患への開発が先行しているが、今回の適合確認を受けて新たに原発性リンパ浮腫に対する第1相および2相臨床試験を開始するためのもの。現在、同疾患に関しては弾性着衣、マッサージなどの理学療法が行われているが、対症療法で、しかも治療をやめるとすぐに再発するため、「コラテジェン」の治験で根治療法につながる可能性があるとして注目されている。

アンジェスMGの株価は9時53分現在6万9800円(△3200円)。