キヤノン、リコーなどが軟調、ユーロ安進行を嫌気

キヤノン<7751>、リコー<7752>、ダイキン工業<6367>など欧州向け輸出比率の高い銘柄が軒並み安い。円相場で一時1ユーロ94円台に入るなど対ユーロでの円高が進行し、2000年11月以来、約11年8カ月ぶりの円の高値をつけたことで、欧州向け輸出採算悪化の思惑を嫌気する売りが優勢となっている。

キヤノンの株価は9時8分現在2792円(▼82円)。