任天堂は8年9カ月ぶり安値水準、円高警戒で売り継続

任天堂<7974>が7営業日続落。一時、前週末比210円安の8370円まで下落した。6月12日の年初来安値8570円を下回り、2003年10月31日の8130円以来約8年9カ月ぶりの安値水準まで下落している。1ユーロ=94円台へと円高・ユーロ安が進行するなど、円高により輸出採算が悪化する懸念が浮上、売りが継続している。

任天堂の株価は11時30分現在8530円(▼50円)。