新日鉄は軟調、野村証券が目標株価を引き下げ

新日本製鉄<5401>が軟調推移となっている。一時、前日比2円安の149円まで売られている。野村証券が23日付のリポートで、投資判断「ニュートラル(中立)」を継続しながらも、目標株価を従来の220円から165円へと引き下げたことが嫌気されている。リポートでは、「住友金属工業<5405>との統合によるシナジーについては評価できるものの、アジア全体の鋼材需給や国内のマージンの状況は当面は厳しい」としている。

新日鉄の株価は10時36分現在150円(▼1円)。