旭硝子が4日続落、オランダ工場での生産停止を嫌気

旭硝子<5201>が4日続落で年初安値更新基調が続いている。同社の株価は、11日に12年12月期の連結営業利益を従来予想の1400億円から1000億円(前期比40%減)に大幅下方修正したことを境に下げ基調を強めていたが、直近は、欧州での需要減少を背景にオランダにある建築用ガラス工場の主要設備である生産窯を6月末に止めていたことが分かったと伝えられ、これが売りを誘発している。

旭硝子の株価は9時9分現在443円(▼6円)。