電産コパルは大幅安、第1四半期の営業利益39%減

日本電産コパル<7756>が大幅安。一時、前日比61円安の628円まで売り込まれ、連日の年初来安値更新となっている。24日引け後に、13年3月期第1四半期(4〜6月)の連結決算を発表、これが嫌気されている。 第1四半期決算は、売上高が146億6600万円(前年同期比3.7%減)、営業利益が6億7500万円(同39.0%減)となった。営業利益の第2四半期に対する進ちょく率は、27%、通期営業利益に対しては10.7%と低水準に止まっていることが嫌気されているようだ。前期末に行なった、コンパクト・デジタルカメラ用レンズユニット事業の廃止の影響や、デフレ傾向、特に新興国向け製品の低価格化進展などにより売上減となったことが響いた。

電算コパルの株価は13時00分現在629円(▼60円)。