芝浦が後場一段安、第1四半期は8億300万円の営業赤字

芝浦メカトロニクス<6590>が後場に入って一段安し、連日の年初来安値更新となっている。一時、前日比9円安の136円まで売られている。同社が24日引け後に発表した13年3月期第1四半期(4〜6月)の連結業績は、売上高49億1100万円(前年同期比49.8%増)、営業損益は8億300万円の赤字(前年同期は1400万円の赤字)と赤字幅が拡大した。液晶パネル業界は、テレビ市場の低迷が続いており、大型パネル分野の新規設備投資が低調に推移したことが響いている。

芝浦の株価は13時43分現在137円(▼8円)。