ロートが堅調、食品用「低分子コンドロイチン硫酸」の開発に成功

ロート製薬<4527> が堅調。一時、前日比38円高の1087円まで買われている。同社は25日、食品に応用可能な「低分子コンドロイチン硫酸」の開発と工業化に成功したと発表したことが好感されている。低分子化したコンドロイチン硫酸は、高分子のものに比べて、吸収性が高い事が知られているが、食品に応用可能なものは今まで開発されていなかった。今回、新たな技術で食品への利用が可能となり、また工業化にも成功した。通常のコンドロイチン硫酸よりも一度の摂取量を減らせる可能性がある。また、研究の結果、「低分子コンドロイチン硫酸」は動物モデルにおいて、関節炎に起因する浮腫を軽減する可能性がみられた。

ロートの株価は14時35分現在1056円(△7円)。