日立が小幅反発、英国の高速鉄道事業を受注

日立製作所<6501>が小幅反発。株価はここ地合いの悪さに押され軟調展開、6月4日に付けた年初来安値422円を意識する水準。同社は7月25日、英国運輸省との間で高速鉄道事業を受注したと発表。鉄道車両の生産拠点として現地英国に工場を建設、合計596両におよぶ車両の製造、並びに27年半にわたる保守事業を行なう。受注額は45億ポンドと伝えられ、日系企業単独による鉄道輸出としては過去最高額となる。

26日の株価は9時27分現在438円(△4円)。