日車両が続伸、日立の英国高速鉄道受注が刺激

日本車両製造<7102>が続伸。昨日25日、日立製作所<6501>が英国運輸省との間で高速鉄道事業を受注したと発表。日系企業単独による鉄道輸出としては過去最高額となる受注だけに、これが刺激材料となっている。世界の高速鉄道を巡る動きは活発で、受注合戦も激しさを増す一方だが、日立の受注を契機に日本メーカーへの信頼が一層高まるとの見方もある。今後、同社を含めて車両製造各社から目が離せない。今日は、近畿車両<7122>もしっかりとした動きを見せている。

26日の株価は13時45分現在256円(△10円)。