日産が続伸、4〜6月期大幅減益も

日産自動車<7201>は寄り付きは安く始まったものの、その後はすぐにプラス圏に切り返し、強含む展開となっている。同社が前日大引け後に発表した12年4〜6月期連結決算では、純利益が前年同期比15%減の722億円と二ケタ減益だった。販売台数は4〜6月期として過去ピークを更新したものの、モデルチェンジを前に米国での販促費用が膨らんだことなどが背景。ただ、モデルチェンジサイクルの端境期に収益の落ち込みは市場でも想定されており、株価は材料出尽くしとの見方から買い戻しが優勢となった。足元、為替市場では対ユーロで円安が進行していることなども追い風となっている。

日産自の株価は9時12分現在715円(△8円)。