日車輌は大幅続伸、13年3月期第2四半期累計業績予想を上方修正

日本車輌製造<7102>が大幅続伸。一時、前日比17円高274円まで買い進まれている。同社は、26日引け後、13年3月期第1四半期(4〜6月)の連結決算と同第2四半期累計業績予想の上方修正を発表した。第2四半期累計の業績予想で、売上高を370億円から380億円(前年同期比1.7%減)へ、営業利益13億円を20億円(同21.1%減)へ、純利益は8億円から12億円(同10.7%減)へそれぞれ増額している。輸送用機器、建設機械、営農プラントで増加が見込まれるほか、鉄構で下期からの繰り上がりの発生が見込まれる案件があることが寄与している。鉄道車両での原価低減策も奏功する。なお、通期業績は従来予想を据え置いている。

日車輌の株価は9時22現在271円(△14円)。