アステラス製薬が反発、不活化ポリオ混合ワクチンの製造販売承認取得

アステラス製薬<4503>が反発。27日引け後に同社と一般財団法人化学及血清療法研究所が、27日付けで百日せき、ジフテリア、破傷風及び急性灰白髄炎(ポリオ)を予防する四種混合ワクチン(販売名「クアトロバック皮下注シリンジ)の製造販売承認を取得したことを発表した。ポリオは、ポリオウイルスの感染により引き起こされる急性ウイルス感染症であり、従来は、弱毒ポリオウイルスを混合した経口生ワクチンの予防接種が行われてきた。不活化ポリオワクチンの開発が求められるなか、同剤の承認となった。

アステラス製薬の株価は9時6分現在3635円(△25円)。