日立金属は大幅安、野村証が目標株価を945円に引き下げ

日立金属<5486>が大幅安。一時、前週末比49円安の838円まで売り込まれている。野村証券が27日付のリポートで、投資判断「ニュートラル(中立)」を継続しながらも、目標株価を従来の1070円から945円へと引き下げたことが嫌気されているようだ。リポートでは「13年3月期下期については、世界的な景況感の減速により、エレクトロニクス関連、自動車、さらに産業機械向けの製品について、従来ほどの販売拡大が難しいと判断される。各製品の業界内での強い競争力の評価に変更はないが、全体需要の見方を慎重に判断した」としている。

日立金属の株価は10時56分現在844円(▼43円)。