住友鉱が朝高の後値を消す、ドイツ証が目標株価を引き下げ

住友金属鉱山<5713>は、寄り付き買い優勢で前週末比プラスでスタートしたものの、その後は値を消す展開となり、一時前日比7円安の836円まで売られている。ドイツ証券が30日付リポートで、投資判断「ホールド(中立)」は持続するものの、目標株価を従来の1200円から860円へと引き下げたことが嫌気されている。リポートでは、金属市況の下落、在庫評価益の悪化、副産物収入の縮小などにより、会社計画の第2四半期累計(4〜9月)連結経常利益440億円に対して、ドイツ証券は第1四半期の経常利益を180億円と慎重に想定しているためだ。

住友鉱の株価は10時56分現在838円(▼5円)。