森下仁丹が動意、シロアリ駆除剤の開発が地域イノベーション創出実証研究補助事業に採択

東証2部上場の森下仁丹<4524>が動意、一時、前日比10円高の385円まで買い進まれた。同社は国立大学法人京都大学大学院農学研究科の松浦健二教授らの研究グループと共に、独自のシームレスカプセル技術を応用したシロアリ駆除剤の開発を推進しているが、「シロアリの卵運搬本能を利用した擬似卵型駆除剤の実用化開発」が、経済産業省から早期の事業化支援として、平成24年度地域イノベーション創出実証研究補助事業に採択されたことを発表した。これを好感して上昇したが買い一巡後には、目先的な利食い売りで押される展開。

森下仁丹の株価は14時0分現在368円(△7円)。