アサヒHDが急反落し値下がり率トップ、今3月期業績見通しの下方修正を嫌気

アサヒホールディングス<5857>が急反落し、2カ月ぶりに年初来安値を更新。前日に第1四半期(4〜6月)決算の発表と同時に今3月期の業績見通しを連結経常利益で従来予想90億円から51億円(前期比54.2%減)に下方修正したことを嫌気。エレクトロニクス業界などにおける国内生産の減少などに伴い、貴金属リサイクル事業分野における金属回収量が当初予想を下回っていること、また、金属の平均販売単価が当初の想定を下回って推移する見通しであることが要因と。なお、9時37分現在では東証1部の値下がり率トップとなっている。

アサヒHDの株価は9時37分現在1351円(▼233円)。