ガイシ大幅続伸、第1四半期決算減益も底堅さに評価

日本ガイシ<5333>が大幅続伸。一時、前日比51円高の903円まで買われている。前日引け後に、13年3月期第1四半期(4〜6月)の決算を発表した。営業利益は74億2000万円(前期比13.3%減)と減益となったものの、上半期の営業利益予想110億円に対して74億円にのぼり、4〜6月期での進捗率67%という高さが評価された。 自動車の排ガス浄化装置事業など自動車向けのセラミックス事業が好調に推移。一方、11年9月21日に電力貯蔵用ナトリウム硫黄(NAS)電池が火災事故を起こしたため、NAS電池事業の操業を停止していたが、6月7日にNAS電池の工場の操業再開を明らかにしている。

ガイシの株価は13時45分現在903円(△54)。