コマツが大幅安、13年3月通期業績予想の下方修正を嫌気

コマツ<6301>が大幅安。一時、前日比177円安の1581円まで売り込まれている。同社は7月31日引け後、13年3月期第1四半期(4〜6月)の連結決算(米国会計基準)と、13年3月通期の業績予想の下方修正を発表、これが嫌気されている。3月期通期予想については、売上高を従来予想の2兆1000億円から1兆9700億円(前期比0.6%減)へ、税引前純利益を3080億円から2520億円(同1.0%増)へ、純利益を1900億円から1570億円(同6.0%減)へとそれぞれ減額した。中国の建設機械需要の回復遅れに加え、6月以降のインドネシアの鉱山機械の需要減少などが響いている。前提となる第2四半期(7〜9月)以降の為替レートを前回予想の1ドル=80円から79円、1ユーロ=105円から97円、1元=12.8円から12.5円にそれぞれ円高方向へ見直している。

コマツの株価は10時40分現在1597円(▼161円)。