栗本鉄が年初来高値更新、耐震化で活躍場面続くとの見方

栗本鉄工所<5602>が年初来高値を更新。一時、前日比12円高い241円まで買われている。株価は7月20日に237円の高値を付けたあと一服、ここにきて一気に高値を更新している。7月31日に同業の日本鋳鉄管<5612>が第1四半期決算を発表、営業利益が好転したことも刺激材料になっている模様だ。同社は水道管やガス管などの鋳鉄管で国内2位。首都直下型地震のリスクが叫ばれる中、ライフラインの要である水道の配管には高い耐震性が求められている。東京都水道局では、2019年度までに継手の耐震化を10年度末の27%から48%に高める計画を進めている。自治体向け事業で実績豊富な同社にメリットがあるという見方も。

1日の株価は12時32分現在238円(△9円)。