住友商事が反落、資源不振で1Q大幅減益を嫌気

住友商事<8053>が反落。本日午後に発表した2013年3月期の第1四半期決算が連結営業利益で前年同期比35.6%減の436億9600万円と大幅な減益となったことが嫌気されている。北米鋼管事業が堅調に推移したものの、資源・化学品事業部門では、ボリビアでの銀・亜鉛・鉛事業やインドネシアにおける銅事業に加え、販売価格下落の影響があった豪州石炭事業が減益となった影響が大きいようだ。

住友商事の株価は14時15分現在1058円(▼48円)。