スカイマークが安値、LCC参入増で収益悪化懸念

東証マザーズ上場のスカイマーク<9204>が続落、安値を更新した。全日本空輸などが出資する格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパンが成田空港を拠点に国内線の運航を1日からスタートさせたことからLCCの競争激化による収益悪化懸念が高まっているようだ。LCCは欠航便も相次ぐなどの不安要素も指摘されており、同社の株価も下落トレンドが継続している。

スカイマークの株価は14時40分現在353円(▼18円)。