旭化成が3日続落し年初来安値更新、9月中間期見通しの下方修正を嫌気

旭化成<3407>が3日続落となり、2カ月ぶりに年初来安値を更新。前日に第1四半期(4〜6月)決算を発表するとともに、9月中間期の業績見通しを連結営業利益で従来予想450億円から355億円(前年同期比44.3%減)に下方修正したことを嫌気。中国の景気減速やプラントの定期修理の影響から、石油化学・モノマー系事業の収益が悪化し、ケミカル事業が大幅に減益となる見通しと。

旭化成の株価は11時02分現在389円(▼11円)。