東電が小幅続伸、当面の悪材料出尽くし感も

東京電力<9501>が続伸。政府の原子力損害賠償支援機構が7月31日に1兆円の出資を完了し実質国有化が完了、「継続企業の前提に関する注記」の記載が消えたことから、当面の悪材料出尽くし感からの買い戻しがこの日も継続している。この日は一時、50日移動平均線である149円に到達しており、目先的な売り一巡後に更なる買戻しが入るかにも注視した。

3日の株価は13時19分現在1325円(△7円)。