扶桑化学が反落、果実酸類等不振で1Q減益

ジャスダック上場の扶桑化学工業<4368>が反落、安値を更新した。2日引け後に2013年3月期の第1四半期決算を発表、連結営業利益で前年同期比22.5%減の9億9700万円と二桁ケタ減益となったことが嫌気されている。ライフサイエンス事業では果実酸類の売上高が減少、電子材料および機能性化学品事業でも主力製品の製造を中止した樹脂添加剤の売上高が減少している。

3日の株価は14時24分現在1812円(▼18円)。