旭硝子が堅調、野村証が投資判断を「Buy」に引き上げ

旭硝子<5201>が堅調。一時、前日比18円高の554円まで買い進まれている。野村証券が3日付のリポートで、投資判断を従来の「ニュートラル(中立)」から「Buy(買い)」へ引き上げたことが好感されている。ただ、目標株価は640円から600円に引き下げている。リポートでは、液晶ガラスの収益性低下に歯止めがかかり、欧州の板ガラス事業でも構造改革による収益性改善が見込まれるため、現在は業績回復への転換点であり、13年12月期は増益となると予想するとしている。

旭硝子の株価は13時17分現在551円(△18円)。