板硝子は売り優勢、三菱UFJMSが目標株価引き下げ

日本板硝子<5202>が売られている。一時、前週末比5円安の55円まで売られている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が3日付のリポートで、投資判断は「ニュートラル(中立)」としながらも、目標株価を従来の140円から60へと引き下げたことが嫌気されている。リポートでは「欧州景気後退で建築用ガラスの営業利益が、前年同期比75億円悪化の33億の赤字転落したことが響いた」としている。

板硝子の株価は13時45分現在56円(▼4円)。