ユニデンが大幅続落、第1四半期大幅減益を嫌気

ユニデン<6815>が大幅続落し年初来安値を更新。前週末発表の第1四半期(4〜6月)決算で、連結経常利益は1600万円(前年同期比94.9%減)と大幅減益となったことを嫌気。電話関連機器部門で、北米やオセアニアで低価格帯の製品の販売が伸びたことで販売単価が下落したほか、デジタル家電機器部門での家庭用デジタルチューナーや車載用デジタルチューナーの需要が急減したことが要因と。3月通期では連結経常利益18億6000万(前期比2.5倍)を見込んでいるが、第1四半期の大幅減益を受けて、早々と下振れ懸念が強まっているようだ。

ユニデンの株価は14時02分現在172円(▼13円)。