異彩高の富士紡HD、年初来高値更新後は一服場面

富士紡ホールディングス<3104>は一服場面。一時、前週末比6円高の249円まで買われ年初来高値を更新、その後は買いの手がしぼみ小安い展開。株価は7月31日前場引けに発表した業績の上方修正がきっかけとして異彩高を演じている。同社では、業績を上方修正した理由について、研磨材事業の業績が期初予想を上回る水準で推移しており、また、新規用途分野での需要増も見込まれるとしていた。

6日の株価は14時22分現在238円(▼5円)。