KYBは大幅高、第1四半期の営業利益の高進ちょく率を評価

KYB<7242>は大幅高。一時、前日比29円高の320円まで買われている。同社は6日引け後、13年3月期第1四半期(4〜6月)の連結決算を発表した。前年同期比で減益ながら、第2四半期累計(4〜9月)利益予想に対する進ちょく率が高いことから、先行き業績向上期待が浮上している。第1四半期決算は、売上高779億2200万円(前年同期比2.4%減)、営業利益48億5900万円(同24.3%減)となった。第2四半期累計の予想営業利益は75億円(前期比39.9%減)に対する進ちょく率は64.8%と高水準に達している。
主要な需要先である自動車業界は、堅調な需要に支えられ四輪車生産実績が9カ月連続で前年同月を上回り、当第1四半期の生産台数は前年同期と比べ62.3%の大幅増加となった。また同じく主要な需要先である建設機械業界は、6月には外需の減少により対前年同月比を下回ったが、第1四半期累計の出荷高は内需外需ともに前年同期と比べ増加し、合計で11.6%の増加となった。

KYBの株価は13時28分現在313円(△22円)。