パイオニアが反落、4〜6月期27億円の最終赤字

パイオニア<6773>が反落、一時前日比12円安の202円まで売られた。同社が前日発表した12年4〜6月期連結決算では、最終損益が27億円の赤字となった。光ディスクドライブがブルーレイレコーダーの市場低迷などで不振だったことが背景で、カーナビゲーションシステムなど車載機器の好調もこれを補えなかった。また、タイの洪水被害に伴う部材輸送コストなど災害損失4億円を特損として計上したことも響いた。13年3月期の最終利益は前期比2.3倍となる85億円を見込むが、従来予想から15億円減額していることもあり、失望売りが先行している。

パイオニアの株価は9時15分現在204円(▼10円)。