沢井薬が反発、第1四半期2割強の増益、政府の後発品使用促進策が追い風

沢井製薬<4555>が反発。前日引け後に発表の第1四半期(4〜6月)決算が連結経常利益で42億7300万円(前年同期比21.3%増)と2割強の増益となったことを好感している。今年4月に実施された政府による後発品の使用促進策を受けて、後発薬の需要が高まったことなどが追い風となった。なお、3月通期予想は同166億円(前期比10.0%増)を据え置いている。

沢井薬の株価は9時36分現在9050円(△240円)。