ティラド大幅安、13年3月期予想が増益から一転減益予想へ

ティラド<7236.T>が大幅安。一時、前日比21円高の253円まで売られている。同社は9日引け後、13年3月通期の連結業績予想の下方修正を発表し、これが嫌気されている。通期業績見通しでは、売上高が前回予想の935億円から880億円(前期比1.5%減)へ、営業利益は同48億円(同15.8%増)から38億円(同8.4%減)に引き下げられ、一転して減収減益となる見通し。中国の景気低迷により建設機械産業用の回復が遅れていることに加え、自動車用についても、下期に国内のエコカー補助金終了の反動などにより受注が減少することが響いている。

ティラドの株価は13時18分現在248円(▼14円)。