エキサイトは一時ストップ安、第1四半期の大幅減益を嫌気

総合情報ポータルサイト運営のエキサイト<3754> が急落。一時、前日比ストップ(1万5000円)安の6万2900円まで売り込まれている。同社は9日、13年3月期第1四半期(4〜6月)の連結決算を発表。大幅な営業減益が嫌気さている。売上高は21億5000万円(前年同期比15.3%減)、営業利益は1700万円(同59.4%減)となった。ブロードバンド事業の再編が影響し、インターネット接続サービスの販売を中心に手掛けるなか、サービスの拡充のため7月からモバイル用のデータ通信端末や通信カードの販売をスタート。ブロードバンド事業において、新しい料金体系へのシフトが加速したことにより連結会社全体での売上高が減少したことが響いた。

エキサイトの株価は14時15分現在6万2900円(▼1万5000円)。